新世紀ユニオン発行のニュース

労働相談で知る労組の裏切りについて!

 ある野党系労組の組合員から残業代について相談を受けました。
 この労働者は200万円ほどの残業代を会社に請求しました。すると会社は残業代は「基本給の中に役職手当が含まれている」として支払いを拒否したので、この組合に加入し団体交渉をしてもらいました。
 ところが団交で会社側が、この労働者が会社の電話で私用電話をかけていることを問題にしてきました。これに対し組合役員が「私用電話は横領になる。このままでは逮捕されるので、残業代請求を取り下げたら逮捕されないようにしてやる」と言い始めたそうです。
 これまで何年間も会社は社員の私用電話を容認してきたのですから、これは犯罪ではありません。会社は通話記録を持っているのですから電話料金を請求すればよいのです。ましてや残業代請求を取り下げる必要などありません。
 この組合役員は会社から買収されて裏切っていることは明白です。
 このように腐敗した労組役員の特徴は最初は労働者の味方を装いながら、会社の買収行為を促し、労働者の無知に付け込んで企業の利益を図るのです。
 この労組は2か月も残業代の支払いを求める団体交渉を繰り返しているのに、不思議なことに過去2年間の残業代を月別に会社に請求を(内容証明で)していませんでした。このため団体交渉が続く間に2ヶ月分が時効で消えて行くことになりました。
 ふつう労働組合が残業代を団体交渉で請求する場合事前に1ヶ月ごとの2年間の残業時間と割増賃金を請求して証拠を残しておくはずです。内容証明で請求しておけば時効は6ヶ月停止するのです。
 このようなことは「確かな野党」を自称する歴史のある政党が指導する労組が知らぬはずがないのです。初めから組合員を裏切るために時効を停止させずに団体交渉を重ねていたと見るほかありません。「私用電話は横領になる」などという脅しで組合員に残業代をあきらめさせることでこの役員はいくらもらっているのでしょうか?
 裏切りの労組は、こうした手口を行うために証拠を残さずに真っ先に団体交渉を申し入れます。裁判だと裏金など手に入れることなどできないので、彼らは団体交渉を裏取引の入り口と考えているのです。
 組合員である労働者を、味方を装って裏切る労組が実際にあることを知ってほしいと思います。家畜化した企業内労組は、会社からリストラされた労働者が相談に行くと「あなたはすでに組合員ではない」という理由で門前払いすることは、多くの労働者が体験していることです。
 個人加入のユニオンや合同労組の中にも同じように裏取引で裏切る幹部が存在していることは残念なことです。労働組合に対する大衆の信頼を喪失させる行為は階級的裏切りだということを指摘しておきたいと思います。
 こうした一部の腐敗した労組役員の不正行為が労働者大衆の労組不信、ユニオン不信を形成していることは間違いありません。一部の労組役員の裏切りが、この野党への労働者の信頼を傷つけていることは明らかです。
 ユニオンへの信頼を高めることを願って日夜奮闘している者にとって非常に残念なことなのです。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析