新世紀ユニオン発行のニュース

賃下げを提案された場合の対応策

 労働条件の引き下げの相談が増えています。会社が一方的に賃下げをする例が目立ちます。経営が不振で賃下げしているのではありません。退職強要を目的に賃下げしている例が多いのです。

 「営業成績が悪い」と懲罰的に、会社が一方的に賃下げする例もあります。

 <労働条件の変更に対する原則的対応は以下のとおりです。>
(1)会社が一方的に賃金を切り下げることは出来ない。
(2)労働条件の切り下げには労働者の同意が必要です。
(3)賃下げの同意を迫られても同意する義務はなく、拒否しても問題はない。

 「賃下げに応じないと辞めてもらう」と迫る例もあります。その場合は「大事な問題なので家族と相談する」と時間を稼ぎユニオンに相談するようにすること。また賃下げの理由の説明を求めて時間を稼ぐことも必要です。

 「賃下げを受け入れないと解雇する」とニ者択一的に迫られても応じる義務はありません。時間を稼ぎ、ICレコーダーを用意して、労働条件変更の理由を質問し、記録を取ることが重要です。

 一度に5万円~10万円も賃下げする例が珍しくありません。このような場合は退職強要として行っているいる可能性が高いので、ユニオンに加入して跳ね返すようにすべきです。

 賃金の変更が、法令や協約や就業規則に反していないか検討すること。内容が合理的かどうかを検討する事、変更について労働者の理解促進措置が十分に取られたか、などを検討する事が重要です。

 会社に賃下げを同意するよう迫られても拒否して下さい。考えさせて、と時間を稼ぎ、日を改めて記録を取るようにして下さい。

 むりやり賃下げを同意させられた場合でも、労働者への「理解促進措置」(会社の誠実な説明)がされていない中での「同意」は無効となる場合があります。あきらめずユニオン指導部に相談してください。

 職能資格制度や年俸制など制度上賃下げの権限があっても、賃下げの率が大きかったり、年俸制なのに年間2回以上賃金変更した場合は人事権の濫用となり、違法となります。だからユニオン指導部と相談なしに、賃金の変更を受け入れたり、書面にサインや印鑑を押さないようにして下さい。

 自分の判断がつかないときは「考えさせてくれ」と時間を稼いで、ユニオンの指導を受けるようにして下さい。

 労働条件の引き下げの相談が増えています。会社が一方的に賃下げをする例が目立ちます。経営が不振で賃下げしているのではありません。退職強要を目的に賃下げしている例が多いのです。

 「営業成績が悪い」と懲罰的に、会社が一方的に賃下げする例もあります。

 <労働条件の変更に対する原則的対応は以下のとおりです。>
(1)会社が一方的に賃金を切り下げることは出来ない。
(2)労働条件の切り下げには労働者の同意が必要です。
(3)賃下げの同意を迫られても同意する義務はなく、拒否しても問題はない。

 「賃下げに応じないと辞めてもらう」と迫る例もあります。その場合は「大事な問題なので家族と相談する」と時間を稼ぎユニオンに相談するようにすること。また賃下げの理由の説明を求めて時間を稼ぐことも必要です。

 「賃下げを受け入れないと解雇する」とニ者択一的に迫られても応じる義務はありません。時間を稼ぎ、ICレコーダーを用意して、労働条件変更の理由を質問し、記録を取ることが重要です。

 一度に5万円~10万円も賃下げする例が珍しくありません。このような場合は退職強要として行っているいる可能性が高いので、ユニオンに加入して跳ね返すようにすべきです。

 賃金の変更が、法令や協約や就業規則に反していないか検討すること。内容が合理的かどうかを検討する事、変更について労働者の理解促進措置が十分に取られたか、などを検討する事が重要です。

 会社に賃下げを同意するよう迫られても拒否して下さい。考えさせて、と時間を稼ぎ、日を改めて記録を取るようにして下さい。

 むりやり賃下げを同意させられた場合でも、労働者への「理解促進措置」(会社の誠実な説明)がされていない中での「同意」は無効となる場合があります。あきらめずユニオン指導部に相談してください。

 職能資格制度や年俸制など制度上賃下げの権限があっても、賃下げの率が大きかったり、年俸制なのに年間2回以上賃金変更した場合は人事権の濫用となり、違法となります。だからユニオン指導部と相談なしに、賃金の変更を受け入れたり、書面にサインや印鑑を押さないようにして下さい。

 自分の判断がつかないときは「考えさせてくれ」と時間を稼いで、ユニオンの指導を受けるようにして下さい。

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「今一番注目している人!」です。みんなが知っているアイドルから、個人的に毎日見に行ってしまうブロガーまで……その人のやってることが面白い気になるついついその人の発信するものをもっと見たい、聞きたい、知りたい!そんな人はいませんか?ほうじょうの友達に、某アイドルのファンになった子がいて、気づけばいつも西へ東へ、北へ南へ、追...
FC2 トラックバックテーマ:「今一番注目している人!」


スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析