新世紀ユニオン発行のニュース

労働組合の本物と偽物

 私はあるメーカーに勤務していましたが上司のパワハラにより「うつ病」を発症し会社を1年間休職しました。

 その後、病気も完治し会社に復帰しましたが、会社のパワハラ体質が継続しており、また、様々な嫌がらせを受け、2度目の休職に至りました。その2度目の休職期間中、前回の会社復帰の時の対応や待遇ではいけないと考え、インターネットなどで色々と調べ、個人で入会できる労働組合がある事を知ります。

 私は会社の所在地である東大阪の労働組合に入会し、そこで会社の社風や現状、私が受けた数々のパワハラについて相談し、2度目の復帰については前回と同じような事がないように、その東大阪の組合員となりました。

 その組合の委員長は私の話を聞くと、すぐに会社に団体交渉を申し入れ、私の復帰プログラムを立ててくれました。いや、立ててくれたのだと私は信じていました。そして、そのプログラムの内容は復帰前に体調確認としてリハビリ出勤を5ケ月間こなし、その後、正式に社員復帰するという段取りになっていました。

 リハビリ出勤が始まると、私の仕事内容は前回、病気を発症した事務職務でした。私はリハビリでは今までやり慣れた負担の少ない営業補佐を最初から希望しており、組合の委員長も、その線で行く。と、言っていたにも関わらず私にとって最も精神的負荷の多い事務職種だったのです。

 そして、その事に異議を申し立てると委員長は会社側の総務部長と一緒になって「単なるわがまま」だと、二人して団体交渉の席で私を怒鳴りつけるのです。

 リハビリ出勤中の賃金についても、その東大阪の委員長は休職前の給与と同額を請求していくから!と私に話していたのに、実際は1ケ月10万円前後になっており、その件でも委員長に「傷病手当より少ない。生活保護よりも少ない。どういう事ですか?」と尋ねると「ケチやなぁ」と笑っており、それでも「このままでは生活できない」と食い下がると「今は会社に文句など言わず、黙って会社のいうとおりにしておく方が賢明だ!全く、いつもいつも、自分の思い通りになんかならないぞ!!」と吐き捨てるように言われました。

 だんだん、委員長が組合ではなく会社側の人間に思えてきて、そんな時、この委員長が会社の総務部長と2人きりで密会している事を知りました。驚きました。やはり委員長は組合員である私の為でなく会社の為に動いていたのです。

 その事実を知り、私はまた別の労働組合を調べ、今度はこの東大阪のような私利私欲ユニオンでなく、本物の組合を探す事にしました。

 現在、私は「新世紀ユニオン」の会員となり会社と闘争中ですが、新世紀ユニオンの会員になる前に、他のユニオンにも話を聞いています。勝算もなくビラ配りを推奨するユニオンや入会規定等のないユニオン、係争して10年以上経過している事を誇りにしているユニオンなど色々ありました。

 しかし、私は10年以上の戦いたい訳でもなく、ビラを配って会社に嫌がれたい訳でもありませんでしたので、新世紀ユニオンの会員となったのです。つまり労働者が加入する組合が本物か偽物か、を判断し、自分の希望が叶う戦略やノウハウを持ったユニオンに加入すべきなのす。

 ちなみに、東大阪にあるその偽物(と、私は思っている)組合に内容証明で退会したい理由を記載し脱会届けとして送ったところ、返信がありました。その内容は、私が退会したい理由についての否定などは一切無く(全て事実なので否定のしようもなかった筈ですが)「貴殿のような恩知らず、恥知らずは見たことがない」といった中身でありました。

 どこまでも品位のない組合・・・。本物と偽物の違いは品性の有無といえるかもしれません。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析