新世紀ユニオン発行のニュース

執行委員長の年頭あいさつ

 長年日本の政治を牛耳ってきた自民党が、昨年夏政権から転落して最初の元旦を迎えました。
 政権を握って以後の民主党連立政権は、事業仕分けを公開して、予算の無駄をなくす取り組みで広範な人々の支持を受けています。
 公共事業に寄生してきた旧勢力は、民主幹部の政治資金のあら探しをし、米軍基地の問題や、第2次補正の問題で連立政権内の内部矛盾の激化に希望を託しています。
 しかし野党に転落した自民党の支持基盤の崩壊は深刻で、しかも民主党連立政権がまじめにマニフェストの実現に取り組んでいることから、この政権は思いのほか長続きするかもしれません。
 新世紀ユニオンは結成して10年目に入りました。昨年は100件を超える労働相談を受け、多くの労働者の力になることができました。
 私は団塊の世代の人間です。すでに両親の寿命を超える年齢になり、いかに残りの人生を“見事に生きるか”を自らの課題として、新世紀ユニオンの仕事に取り組んでいます。
 昨年末に組合員の協力でブログを立ち上げたことで、直接組合員の皆さんに語りかける場が創造できたことはうれしいことでした。 
 解雇や不当処分等で裁判が越年する組合員の皆さんには「苦難は人を練磨する」の言葉を忘れず、「物事は極まれば反転する」の言葉を思い出して、最後まで気を緩めることなく、戦いを堅持してほしいと願っています。
 「100里を行く者は90里半ばとす」との言葉は昔の旅人の心得でした。この心得を忘れずに取り組めば勝利は疑いないでしょう。
 昨年の大会で新世紀ユニオンの課題を“集団の力で解決する”ことが討議され、HPの改善や更新やニュースの発行で仲間の力を結集して解決する空気が生まれたことは重要で、新世紀ユニオンは新しい発展段階を迎えたことを痛感しています。
 会社から不当に解雇されたり、ハラスメントなどの理不尽な扱いを受けた人は、思いやりがあり、気配りができ、助け合う気持ちをたくさん持っていることを私たちは知っています。
 力の弱い労働者は団結することによってしか要求を実現することができません。仲間と励ましあって協力し合うから最後まで闘えるのです。人間は無私の心でこそ、もっとも強力な団結を生み出すことができるのです。逆に私利・私欲の団結は、利益の配分をめぐって分裂を生み、対立を生みます。
 欲望の資本主義は、労働者の中にも欲望にとりつかれた卑しい人間を作り出します。
 裁判で和解金710万円を手にするや、ユニオンの規約で定められた拠出金と組合費を踏み倒して逃亡した卑劣な人がいました。仲間の団結心を私利私欲に利用する人は裏切り者として対応しなければ、新世紀ユニオンの無私の団結が汚れます。それはいやしい人間に対する教育的対処と言えるものです。
 無私の団結を拡大して行くことが日本の労働者の階級的力を強化し、よりよい社会を作る力になるのです。
 解雇され生活が困窮している仲間がいます。私たちはそうした仲間の組合費を免除し、生活と闘いを支援していかねばなりません。
 多くの組合員が多くの課題を持ち、困難を抱えて新年を迎えました。そうした仲間は、苦難は自分を鍛え、自分を育む力に転化することを信じて新しい年を勝利の年としていかねばなりません。
 正義を貫き“見事に生きる”ということは難しいことですが、同時にすばらしいことなのです。

スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析