新世紀ユニオン発行のニュース

大学の人事は公正か?

 大学教員への転職を希望する人は多い。俳優やタレント果ては芸人まで大学の教壇に立っているニュースを見ると、自分でもできそうに思える人は少なくないだろう。専門性の高い理系でも、企業の研究者や国公立の研究所から転職する人もいることを見ると、それほど敷居は高くないと思うのかもしれない。

 昔は象牙の塔と言われ、学閥に属さないと就職できなかった大学教員も、現在は一般公募制となり形式上は公正に審査され採用されるようになった。しかし実際にはそういうものではない。ある大学で理系の講師(この場合、専任講師)採用についての人事を一例として紹介しておく。

 講師とは准教授と助教の間の職階で、一般には准教授にするには若いか業績が少ないが能力があると判断された教員である。助教との違いは、講師は講義・実習・学生実験を担当できるが、助教は講義の担当ができない。ただし、昔の助手と違い、一人前の教員として扱われる(あまり知られていないが、昔の助手はあくまで教授のお手伝いさんであり、教員ではなかった)。

 その大学で講師を公募した時、募集した講座の教授が一人の女性応募者の採用を強く推した。ただ他の応募者に比べると業績が足りず、他の教員から反対意見も出た。しかし、教授はその応募者をしっかり育てると確約し、強引に採用を強行した。

 結果として、その応募者はめでたく採用され、その後教授の研究を手伝いながら業績を積み重ねているという。なぜそんなにも採用を強行したのかはわからない。新しい技術を持っていたからか、恩師の教え子だったのか、その応募者が女性だったからか。

 しかし、採用基準を変えてまで採用するのは、公正であるという公募の精神に反している。また学内では、業績が不足していると判断されたために、助教から講師に昇進できない教員もいる。それと比べればこの採用人事が不公正であることは明白だ。

 大学教員に憧れて、公募という幻想につられて応募を繰り返している人は気をつけた方がいい。学閥や派閥は昔ほど強くはないが、あくまで人事はブラックボックスの中。人事は権力を持っている人間の好きなように扱われるものである。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析