新世紀ユニオン発行のニュース

法人格否認の法理

 『法人格否認の法理』は法律上明文化されていません。これは昭和44年の最高裁の判例で認められました。

 その内容は、「一定の要件があれば、特定の取引相手との間の法律関係では法人格を認めず、その背後にある個人や別法人に対し責任を追及できる。」というものです。

 この中の一定の要件とは、
①法人格を濫用している場合
②法人格が形骸化している場合
とされています。

 この要件を満たせば『法人格否認の法理』が認められることになります。これを更に詳しくみてみますと、
①法人格を濫用している場合

 法人格を利用し、ある義務を免れたり、債権者を害そうとすることで、具体的には
●債権者詐害を目的とする新会社設立及び財産移転
●新会社設立が不当労働行為の手段とされた場合
●競業避止義務等を負うものがその義務を回避している場合
②法人格が形骸化している場合
●株主総会・取締役会の未開催などの会社法上の手続無視
●背後の個人又は別法人による全面的支配
●会社業務と個人業務の混同
●会社財産と個人財産の混同
●帳簿記載・会計区分の欠如

 この『法人格否認の法理』が認められた最高裁判例をみてみますと、これは建物明渡訴訟で、一旦建物明渡を約束する和解が成立しましたが、和解の効力が及ぶ当事者の確認が不十分であったため、その後に個人と会社(その個人が代表者で一人経営の会社)とは契約名義は別であるとして混乱が生じたようです。

 しかし裁判所は個人とその個人が経営する会社の行為は同一視できるとして『法人格否認の法理』を認めました。

 このように『法人格否認の法理』が認められると、本来なら会社の債務は個人は責任を負わないのが原則ですが、その会社の背後にいる株主などの個人や別会社をその会社と同一視して責任を追及することができます。

 即ち、会社名義による取引に関しても、その会社の背後にある実体たる個人の行為と認められ、個人名義による取引に関しても、その会社の行為として認められ、責任を追及できる、ということです。また会社と別会社とは法人格が違うという言い逃れもできなくなります。そして最終的には強制執行が可能になります。

 もう少しわかりやすく整理してみますと、例えば法人が財産を隠して支払いを拒否したり、或は強制執行を逃れるために次のような巧妙な手段とってくることがあるようです。
●別の法人を設立して財産を移す
●法人と社長個人を使い分ける

 これは、法人は構成員(社員)や関係者(役員・株主等)とは別の人格が与えられており、それぞれの法人が法人格としての権利義務の主体となるということですから、それぞれの会社や個人は法律上それぞれ別の人格ということになるため、債権・債務の名義に属している人格にしか請求・強制執行できない、ということを悪用しています。

 しかし、このような場合に『法人格否認の法理』を使用することによって強制執行できる可能性があるということです。

 この『法人格否認の法理』が認められると、会社名義又は個人名義で行われた取引による請求を、その会社の背後にいる別会社や個人の行為と認めて、その責任を追及することができるようになります。

 強制執行を逃れるためや財産を隠すために別会社を設立した場合、会社設立取消及び詐害行為取消訴訟を提起して『法人格否認の法理』を主張していくことが多いようです。
また営業譲渡で商号続用の有無の場合、商法による債務弁済責任(又は類推適用)を追及していくようです。

 ただここで問題となるのは、裁判で争う場合、『法人格否認の法理』を主張する側が立証責任を負うということです。これを立証することは極めて困難であると思われます。

 それは強制執行をさせないように財産を隠すような債務者は、できる限り自社の内情や別会社との間の法律関係を隠しているからです。この点に関しての証拠を握るにはどうするかがポイントになりそうです。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析