新世紀ユニオン発行のニュース

退職勧奨合意書にサインしてはいけません!



 私は最近介護事業の会社で働く事にしました、しかし仕事も覚えない内にアルバイトに変えるといいます。拒否すると仕事を与えずに雑用ばかりやらせて「給料泥棒」と言われました。会社は仕事が少ないのに次々正社員を雇用しています。自分が退職強要されているのだと思いましたがどう反撃してよいか解りません。私は退職勧奨に従うべきなのでしょうか?



 私は40歳台の営業職ですが、成果主義の賃金体系に対する書類にサインさせられました。給料日になって給料が13万円になりびっくりしました。まさか最低賃金すれすれになるとは知りませんでした。この会社は古カブの人が有利な営業エリヤを先に獲るので、私のように新しい社員には成果が上がりにくいエリヤしか与えられないのです。いいエリヤを取る人は月収入が70万円以上あります。以前退職勧告を受けた時は断ったのですが、今回はどう対応してよいか解りません。



 解雇するにも手口が次々変化しています。仕事を取り上げておいて「給料泥棒」とさげすみ、精神的打撃を与えておいて、退職勧奨合意書や退職願いを書かせる手口が増えています。なぜこのような手口が増えているかというと、助成金を貰う為に次々雇用しながら、一方で次々退職強要して自己退職に追い込む事が必要になるからです。補助金獲得を生業にしているのです。

 経営者の退職勧奨のやり方は何処も同じです。あなたは能力がない、任せられる仕事がない、仕事を取り上げておいてこのような言い草は通りません。仕事が出来ないなら研修・教育をしたかどうかが問われます。従って「給料泥棒」と言われたら人権侵害だ!と追求して謝罪させるべきです。

 またわざわざ配置転換して給料を5万~10万も切り下げて退職に追い込むやり方も相変わらず見られます。営業成績が悪いと40歳代の人で給料が13万円にされても賃金体系にサインしているとそれを問題には出来ません。しかし成果が上げにくい理由を問題にして営業エリヤの平等な配分を上司に「上申書」でお願いするべきです。会社は生活できないまでに減給したら自分で辞めていくと思っているのです。

 営業活動は成績の上がるエリヤを特定の人が独占するので、成績の上がらないエリアを持たされた人は低賃金で苦しむ事になります。つまり能力主義にするなら競争条件を平等にしないと生活できない労働者がたくさん生まれる事になります。平等な営業エリヤの配分の書面を社長に提出するのがいいでしょう。この場合継続的に指導が必要です。信頼できるユニオンに加入して指導を受けるようにして下さい。

 営業職で成果が上がらないと退職強要される人も増えています。努力しても営業成果が上がらないのは価格競争力がない例が多いです。営業条件の改訂を上伸書を出しておけば、成果がないことで解雇されても闘えます。

 アルバイトや契約社員を3ケ月で、次々労働者を使い捨てにする会社もあります。若い労働者がいつまでも正社員になれず、結婚も出来ず、子供もつくれない日本になっています。安上がりの非正規を増やさないと損だ、とばかり正社員に上記のような形で退職に追い込み、非正規化が進む事になります。

 つまり正社員の非正規との入れ替えが進んでいるのです。労働者は自分が退職への追い込みの標的になっていることは比較的早く分かります。しかしどう対処していいか分からない人が多いのです。是非ユニオンに加入して正社員の地位を守るように早めに準備することをお勧めします。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析