新世紀ユニオン発行のニュース

医療費増加を招く医薬分業

 私は、最近体調不良のため、複数の診療所に通っています。医者にかかったら治療のひとつとして薬をもらうのですが、受付で薬をもらうこともあれば、外の薬局で薬をもらう(院外処方箋)こともあります。特に、最近の医療機関では、クリニック専門のビル内に複数の診療所があり、必ず玄関口に処方箋薬局があります。形だけでも「全国の医療機関の処方箋を受け付けます」と書いてあるのですが、現実には全くよその医療機関の処方箋を持参した場合には在庫がありません。特定の医療機関の下請けといった感じがします。

 従来通り院内で薬をもらう利点は、受付で料金を支払うとともにすぐに薬がもらえるため、急いで薬を飲む必要がある場合に助かります。ただし、大学病院など大規模な病院では、薬をもらうだけで数時間かかるところがあります。院外処方箋の利点は、かかりつけの薬局を1か所に決めてしまえば、何か所診療所や病院に通ってもたった1か所その薬局でもらえるために、薬の管理が容易であることです。

 複数の医療機関へ同時に通っている場合に薬の飲み合わせのチェックを薬剤師にしてもらえることです。また、お薬手帳をつければ、服薬の履歴が残ります。薬に関する説明を丁寧にしてもらえることも利点です。ただし、医療機関へは、院外処方箋料を支払うことになるので、その分割高になります。薬局は、保険薬局へ行く必要があります。ところが、その医薬分業がまともに機能しないのです。

 冒頭で申し上げたように、処方箋薬局が某クリニックと併設となっているために、よその医療機関の処方箋を持参しても在庫がなく、余計な時間がかかります。取り寄せしてもらうか、併設の薬局へ戻るかどちらかしかありません。そうなると、かかりつけの薬局が2ヶ所以上となり、服薬管理がまともにできません。自分の店で販売した薬でしか服薬管理ができないのです。持病がある人には特にしんどいのです。

 院外処方箋のメリットは、現実に患者側にはほとんどありません。医療機関にとっては薬剤師のリストラと薬の在庫負担がないことです。製薬業界にすれば、商品としての薬を卸す手間が軽減されることです。何か所もある開業医に卸すよりも1か所の薬局へ卸す方がメーカーにとっては楽なのです。

 医師によって使う薬と使わない薬は決まっています。その医師が使わない薬を卸しても全くの不良在庫なのです。業界の都合による医薬分業ならいっそのことやめてもらいたいです。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析