新世紀ユニオン発行のニュース

安全第一は口先だけの運送会社!

 私が勤める重機運搬会社では毎年冬になると、山間部にあるため時折道路が凍結し、スリップして非常に危ない目に遭います。このため12月初旬には冬タイヤに交換を行うのですが、一昨年の冬のタイヤ交換時期になり、会社に交換の手配をお願いしましたが、「市場に出回っている在庫が需要過多により、メンテ工場に入荷していない」という出鱈目な理由でタイヤ交換をして貰えませんでした。

 リース契約でありながら、そのような意味不明な理由を言い放ち、結局私の乗る車は年が明けてからのタイヤ交換となったのですが、やはり、そのタイヤ交換までの間に交通事故を起こしそうになりました。そして、そのことを上司につたえると、しぶしぶタイヤ入荷の催促をするように見せかけました。

 私がリース会社に確認すると、リース会社は何も聞いていないということでした。このような杜撰な対応で、さらに一週間タイヤの交換時期が遅れました。私は重量のあるものを運んでいるうえ、そのようないい加減な対応をしている事に憤りを覚え、もし交換して貰えないなら、普段安全第一・品質第一といわれても責任が負えない事、自身や他の人の身の安全に関わることであり、乗車拒否もしくは道路の凍結が終わるまで運転出来ないことを上司に伝えました。

 会社は、私に交通事故を起こさせて、責任をかぶせて口実にし、辞めさせることを企んでいたのではないか?そうでないなら、なんと安全配慮の欠けた会社だろうと私は慄然としました。今後もこのような対応をするようなら私は、ユニオンの指導を受けながら闘う決意でいます。

スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析