新世紀ユニオン発行のニュース

日本の科学界に蔓延する “理研現象”

~不正や不祥事に大甘の科学者達~

 2014年1月下旬、理化学研究所(理研)は、小保方晴子氏らが学術雑誌Natureに発表した「STAP細胞」は夢の万能細胞だと、メディアを通して発表しました。世紀の大発見だのノーベル賞“確実”だの大騒ぎされたSTAP細胞ですが、発表から数日後には研究不正疑惑だらけになりました。

 STAP細胞論文は、図の切り張り等の研究不正行為だけではなく、実験データが殆どなく、実は既存の万能細胞であるES細胞が意図的に使われていたことがわかりました。研究自体が虚構という、極めて悪質なものでした。

 論文著者達の杜撰な研究姿勢や悪質な研究不正や、不正疑惑後の不誠実な対応に加え、理研の曖昧で不正隠蔽にしかみえない対応で、STAP問題は世界三大研究不正とも言われています。海外でも頻繁に取り上げられ、日本の科学界の信用は失墜し信頼回復には程遠い状況です。

 STAP問題から (1)研究者個人 (2)研究組織の問題 について述べます。

 1: STAP問題の流れ

 STAP細胞の着想は、小保方氏が早稲田大学・大学院博士課程で得たと言われています。小保方氏は早稲田大では行われていなかった再生医療の研究を希望し、そのため再生医療研究を行っていた東京女子医科大学(大和氏ら)やハーバード大(バカンティ氏ら)で指導を受けました。小保方氏がSTAP細胞の研究を本格化させたのは、博士号取得後に理研に異動してからです。

 STAP細胞の主論文の著者は8名(所属は論文発表当時)、小保方、故・笹井(理研)、若山(山梨大学)、C.バカンティ、M.バカンティ、小島(ハーバード大学)、丹羽(理研)、大和(東京女子医大)氏達です。

 各著者の役割はSTAP細胞のアイデアが小保方、小島、C. バカンティ、M. バカンティ、大和、STAP細胞作成が小保方、STAP細胞の遺伝子等の特徴の調査が小保方、丹羽、STAP細胞の万能性をマウスで調べるのが若山、論文執筆が小保方、笹井とされています。

 STAP細胞論文に不正疑惑がでた後、理研は調査委員会や改革委員会を立ち上げました。また丹羽氏を研究実施責任者としてSTAP細胞の存在を確認する検証実験を、小保方氏にもSTAP細胞作成の検証を行わせました。

 これらの結果とSTAP細胞論文がNature誌から取り下げられたことより、理研は小保方氏らに懲戒処分をだしました。しかし既に小保方は退職、若山氏は山梨大に異動、笹井氏は故人のため発表せず。実質処分はありません。丹羽氏は厳重注意、発生・再生科学総合研究センター(神戸CDB)のトップを退いた竹市氏は譴責、野依理事長や役員の処分は給与の一部を自主返納(野依氏が10分の1を3ヶ月など。2014年10月)しているので処分なし。以上で幕引きをしました。

1.2014年4月1日:研究論文(STAP細胞)の疑義に関する調査報告について
 http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20140401_1/

2.2014年6月12日:理化学研究所の改革委員会(外部有識者)「提言書」
 http://www3.riken.jp/stap/j/d7document15.pdf

3.2014年12月19日:理化学研究所「STAP現象の検証結果について」
 http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20141219_1/

4.2014年12月26日:研究論文に関する(外部)調査委員会「調査報告」
 ・調査報告書(全文)http://www3.riken.jp/stap/j/c13document5.pdf
 ・調査報告書(スライド)http://www3.riken.jp/stap/j/h9document6.pdf

5.2015年2月10日:研究不正行為に関する処分等について
 http://www.riken.jp/pr/topics/2015/20150210_1/

 (1) 研究者個人の問題

 立場に係わらず、研究不正を行う研究者が絶えません。研究者が不正行為を行うのは、手っ取り早く論文をだして、その結果、奨学金や研究費や地位を得て権威や影響力を持ちたいからです。不正はバレなければいい。バレても認めなければ逃げ切れると、研究者は高を括っています。

 STAP細胞論文の著者達も、研究不正疑惑から処分が決まるまで、どういう立ち振る舞い、言動をすれば自分に有利になるかを念頭においたようです。個別に記者のインタビューに応じる、記者会見を開く、ダンマリを通す。実験ノートや生データ等の研究記録を具体的に示し、不正疑惑に対して科学的に説明する著者はいませんでした。

 STAP細胞論文は、実験データが殆どなく、ES細胞が意図的に使われていました。小保方氏のみがデータの捏造や改ざんを行ったとされましたが、それを共著者たちが知らなかったというのは不自然です。

 理研の懲戒処分発表後、竹市氏は「研究者コミュニティーの一員として正しい科学研究の発展のために、より一層の努力を払ってまいる所存です」、若山氏は「教育と研究に全力で取り組むことで責任を全うする」とコメントを発表し今後の研究に意欲を示しました。

 日本の科学界はSTAP問題が示すように、不正をしても甘く済んでいます。より偉い立場の方の不正には、特に甘いのです。

 (2) 研究組織の問題

 論文に研究不正疑惑があがると、論文と実験そのものについて関係者に聴取、実験ノートや生データの精査、残されたサンプルの保管と分析、実験動物や試薬の購入や使用履歴などの調査を徹底的に行います。

 不正の有無を調べるのが先で、論文内容の再現性確認は不正の有無の判断後です。不正の有る論文の再現性の確認は、時間と労力と経費の無駄ですから。

 STAP問題の理研の対応は、首をかしげるばかりです。調査委員会は4月も12月も不正疑惑の全てを明らかにしませんでした。不正認定しなかった図は「小保方氏にオリジナルデータの提出を求めたが、提出されなかった」ですましています。これでは生データをださなければ不正ではないとなり、不正はやった者が得をすることになります(文科省の研究不正の指針では、生データなどの証拠を提示できない場合は不正認定です)。また他の共著者の役割も十分には明らかにしていません。

 STAP細胞論文ではES細胞が意図的に使われていたことがわかりましたが、誰が何の目的でどのように使用したのかは不明のままです。

 理研はSTAP細胞論文の不正調査よりも、STAP細胞の存在の確認を急ぎました。検証実験は論文の共著者の丹羽氏が中心になって行われ、また小保方氏も行いました。客観性の疑問や不正隠蔽の可能性等を考慮すると、理研が当事者達に検証実験をさせたのは驚きしかありません。検証実験には1500万円以上の費用(税金)がかかったと言われています。検証実験は必要だったのでしょうか?

 理研は懲戒処分を検討していた小保方氏の退職届けを受理した後に、STAP細胞論文の著者らの懲戒処分を発表しました。理研のこの対応は不可思議です。不可思議といえば、笹井氏が辞任の意向を伝えていたのにも拘らず慰留させ、自殺をさせてしまったこともですが。

 ところで理研は懲戒処分の会見発表をする予定はなく、記者達の申し入れで急遽、行うことになったそうです。理研にはSTAP問題の説明責任を果たすという考えはないようです。

 野依理事長の対応も不可思議です。当初は「科学全体の良心がとわれている。毅然と対応する」と話していました。しかし「小保方さんの心の負担」を考慮し、懲戒処分後は「これからも頑張ってください」とエールを送り、研究不正者に責任を問うことなく放免してしまいました。

 STAP問題のウラには、理研が「特定国立開発法人(1」への指定を急ぎ組織に傷がつくのを恐れたという話や、小保方氏の理研採用からSTAP細胞発表までの間に不可解な増資を繰り返したバイオベンチャー企業のセルシード社と東京女子医大の大和氏、岡野氏らの関係が囁かれています。STAP問題との関連が明らかになるとよいと思います(参考資料参照。

 STAP問題からは、理研の存在意義が見出せません。研究不正や不祥事を曖昧にする個人や組織は、不正や不祥事を続けるだけですから。そして研究不正に大甘な“理研現象”は、日本の研究界全体で行われていて珍しくありません。

(1
特定国立研究開発法人への指定を受ければ、高額な年俸で優秀な研究者を自由に雇用でき、文字通り世界の理研にさらなる飛躍を遂げられる。文科省にとっても天下り先の確保といわれている。


参考資料:

1) Nature News, February 10, 2015
 Moot punishments for Japanese STAP scientists
 http://www.nature.com/news/moot-punishments-for-japanese-stap-scientists-1.16904?WT.mc_id=TWT_NatureNews

2) 捏造の科学者 STAP細胞事件
 須田桃子著、文藝春秋

3) STAP細胞に群がった悪いヤツら
 小畑峰太郎著、新潮社

4) 日経サイエンス 2015年3月号
 特集:STAP細胞の全貌 宅磨雅子/古田彩
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
理研も科学者も逃げ得
今日(3月6日)、
野依理事長が今月末に辞任と報道されていました。
辞任の理由にSTAP問題は挙げおらず、
特定国立研究開発法人の認定のメドがたったとか?

理研は
不祥事に対する責任をまともに取れないと示したのに、
特定国立研究開発法人認定なら、呆れます。
税金、払いたくない。

山梨大学は、若山教授に対してセンター長の職務3カ月停止。
若山氏は
「当時の研究室の主宰者として、また論 文の共著者として、
今回の事態を招いた責任を痛感しており、真摯に受け止めている。
深く反省し、おわびする」
「今後、細心の注意を払いつつ、教育と 研究に全力で
取り組むことで責任を全うし、信頼の回復に努めたい」
管理職のトップや教育に携わることに
疑問を持たないのは驚きです。

日本の科学者は、嘘や杜撰な研究して、
バレたら逃げるか知らんぷりすればおしまいですね。
やり得です。

理研の存在意義が、わかりません。
2015/03/06(金) 18:56 | URL | #-[ 編集]
以前企業で研究をしていた頃
先輩が作ったデータであるにも関わらず
私を筆頭にしてその内容で論文を書くよう
先輩に長時間説得されました
何とか断わりましたが
同じような感じで、意に沿わない論文の発表を強要されてる人もいるのかなと
心配になりました
2016/05/18(水) 21:26 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析