新世紀ユニオン発行のニュース

提出した退職届を撤回できるか?


 上司に何回も「人が余っているので辞めてくれ」と言われとうとう退職届を書かされました。
 しかしその後も会社は私を首にせず現在も働いています。
 最近上司に退職届の件を聞くと「先月15日で退職扱いとし、あなたは現在パートだ」と言われました。当然給料も下がると思われます。私は退職を撤回したいのですができますか?
 上司との遣り取りの記録(録音)はありません。


 辞める気がないのなら断固として「私は辞めません」と答えるべきでした。現在のように職が無い中で辞表を言われるまま出す気が知れません。あなたの場合は解雇ではなく、上司は雇用契約の合意解約の申し入れをし、あなたはそれを受け入れ退職届を提出したのですから、退職届の撤回は難しいです。しかし対策が無いわけではありません。「人が余っているので辞めてくれ」と言ったのにあなたは働き続けている。つまり嘘だった上に、パートに変わったことも知らなかったというのはおかしいです。
 上司が「人が余っている」と嘘をついて退職届を書くよう強要したとして内容証明郵便で「退職届は騙されて書いたので取り消す」ことを通知して下さい。それで会社がどう出てくるかです。
 先月15日に退職したのなら、またこの日からパートに変わったのなら会社はパートとしての契約内容を書面で手渡す義務があります。ところが、その書面はまだ渡されていません。つまり期限の定めの無い雇用が今も継続していると考えることができます。
 あなたは退職届を提出したが受理されていないと考えていたわけですから退職届は無効と主張できる可能性があります。
 いずれにせよ、あなたは新世紀ユニオンに加入して具体的に対応策の指導を受けないと正社員の地位を回復することは難しいでしょう。
 会社は普通人を辞めさせる場合、第一に嫌がらせをして自己退職に追い込む。第二に「退職届を出せ」と言って自己都合退職にする。第三に赤字だからと整理解雇にする。第四に能力が無いという口実で普通解雇にする。第五に口実を探して懲戒解雇にする。などの方法でやってきます。つまり自己退職から雇用契約の解約の申し入れ、退職強要、解雇という段階で進めてきます。
 あなたの場合は第二の段階で屈服したということです。上司の圧力に耐えられなかったあなたは、新世紀ユニオンに加入して、労働者としての法律や知識を勉強しておく必要があります。そうでないと今後も雇用を守ることはできません。
 上司との遣り取りの記録も無い、しかも解雇理由書もパートの契約書も受け取っていないのでは、当面書面の交換で証拠を残すしかありません。したがって当ユニオンに加入してもらわないと、複雑な指導で証拠を取り、その上で退職届の無効を主張するのは難しいのです。
 解雇を撤回するのは簡単ですが退職届を撤回するのは難しいのです。しかし退職届の無効を認めさせる可能性は残っていると言えます。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析