新世紀ユニオン発行のニュース

ブラック企業の違法行為の背後に社労士あり!

 違法な賃下げ、残業代の不払い、パワハラ、マタハラ、違法解雇等の事案で交渉を申し込むと会社幹部は交渉に出てこず。労務屋のブラック社労士が出てくる。(=不当労働行為)給与の違法な相殺事案で交渉を申し入れると、会社側が社労士の名前と電話番号を記入したファックスを送ってきた例もある。新世紀ユニオンの事案においても違法行為を社労士が指導している例が多く見かけるようになっている。

 愛知県のあるベテラン社労士は「社員をうつ病に罹患させる方法」をブログに載せた。この社労士は「上司に逆らう社員をうつ病にして追放する方法を」を書いている。「適切にして強烈な合法パワハラを与えましょう」「万が一本人が自殺しても、うつの原因と死亡の結果の相当因果関係を否定する証拠を作っておくことです」とパワハラ裁判の勝ち方まで書いていいた。

 このブラック社労士は「失敗や他人へ迷惑をかけたと思っていること」等を社員に繰り返しノートに書かせるよう勧めた。「うつ状態は後悔の量が多いほど発症しやすい」と書き「部下をうつにするキーワード。ぜひお試しください」「モンスター社員をうつにするのは楽しいですよ。自殺して貰ってもいいのかもしれないです。」とかいていたのであるから、日常的にブラック社労士が経営者にパワハラを指導していることは明らかである。

 取るに足らない仕事上のミスや違反を口実に始末書を書かせ。後に反省していない、として懲戒解雇処分し、今退職届を書けば退職金はもらえる、と言う形の「自己退職追い込み型解雇」も増えている。その背後にブラック社労士が暗躍している例があまりにも多いのである。

 新世紀ユニオンの経験では、残業代のごまかしを仲間と話し合った社員をパワハラの標的にし、いじめまくり解雇した事案で、解雇理由証明書を求めたら「気違い」になったかの記述を書いてきた会社もある。ブログにうつにする方法を書いた愛知県のブラック社労士の手口は、既に広く普及していると見るべきである。

 昨年新世紀ユニオンはブラック社労士の懲戒請求を、大阪弁護士会と大阪社労士会に行ったが、その後どうなったかの連絡もない。これはブラック社労士の深刻な違法行為を両団体が軽視し、深刻に取らえていない表れであり、こうした管理監督する団体の杜撰さ、サボタージュが、ブラック社労士の違法行為をエスカレートさせている原因と言える。

 厚生労働省に社労士の懲戒について電話で質問したら、懲戒請求は社労士会にするよう言われた。身内・仲間の団体である大阪社労士会がキチンと処分するわけがない。

 今後違法行為を社労士が指導している事案については新世紀ユニオンとして独自の懲戒も検討すべき時かもしれないと考えている。社労士のブラック化とブラック企業の増加は相互に関連しているのである。今後組合員にはこのブラック社労士の暗躍の証拠を集めるようお願いする次第である。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析