新世紀ユニオン発行のニュース

セクハラの被害にあった時の対処について!

 上司からのセクハラを受けている、との相談を時々受ける。その多くが上司が体を触ってくる、というものである。こうしたセクハラ行為は管理職という地位(=人事上の権力)を利用して行うため、立場の弱い部下が標的になりやすいのです。

 被害女性は「やめて下さい」と言うと報復を受けるのではないか?職場の人間関係が悪化するのではないか?と心配になり、羞恥心もあって泣き寝入りし、その結果セクハラがエスカレートする場合が多いのです。実際に勇気を出して訴えて逆にトラブルメーカーのように言いふらされる場合もあるそうです。その為には証拠を残すことが重要です。

 この場合本人がしっかりして、触られるたびに「やめてください、それはセクハラですよ」と勇気を出して注意し、(ICレコーダーに録音し)手帳にキチンとメモするようにするのがいいでしょう。声を出したり、注意しなかったことで被害女性の請求が裁判で認められなかった例もあるそうですので、キチンと本人が声を出し、証拠を残すようにするべきです。

 次に行うのは、社内の相談窓口に社内メールで相談し、穏便に解決するため加害者に注意してほしいことを訴えるのがいいでしょう。このメールもプリントして証拠とするようにして下さい。触るという行為を証拠に取るにはビデオに撮るのは職場では難しいので、友人への相談メールで詳しく触られた状況を相談しておくと、そのメールが間接証拠になります。

 具体的に様々な証拠の残し方があるのでユニオンに加入し指導を受けるようにして下さい。新世紀ユニオンでは会社の幹部に社内で抱き締められたり、胸を触られた女性が裁判で120万円で和解した例があります。また420万円で和解した事案もあります。この場合訴えるのは会社です。会社には管理責任がありますから被告は会社になります。会社と幹部双方を被告にすることもできます。

 またセクハラ裁判では被害者の精神的負担を軽減したり、プライバシー保護の制度が以下のようにあります。

(1)訴状における被害者の住所記載を厳格に求めない。
(2)訴訟記録の閲覧制限
(3)証人尋問の遮蔽措置等

 裁判ではなく、団体交渉で慰謝料を請求することも可能です。
被害者が、セクハラを許さないという正義感・勇気を持ち、ユニオンに加入して共に闘うようにして下さい。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析