新世紀ユニオン発行のニュース

小保方晴子著「あの日」を読んで


 世紀の大発見と言われたSTAP細胞事件の当事者である小保方晴子氏の手記を読んだ。

 当初からマスコミの取り上げ方に違和感があったため、この欄に投稿しないかと誘われたが断っていたが、今回手記を読んで小保方氏の視点を知ったので感想を書いてみることにした。

 そもそも何が違和感であったかと言うと、まず小保方氏だけがやたらとクローズアップされていたことである。最近の研究はチームで行われるため、個人の成果ではないはずなのであるが、なぜか小保方氏ばかりが取り上げられていたことには非常に違和感を抱いた。故笹井氏もやたらと彼女を褒め称えていたことにも違和感があった。

 若い女性であったこともあり、“リケジョ”というわけのわからない表現でマスコミがもてはやしていることにも違和感があった。理系で研究している女性を殊更珍しいような取り上げ方に、世間の理系に対する認識不足を感じた。女性が理系分野で研究しているのは、日本でも普通になってきている(女性の割合はまだまだ少ないが)ことをほとんど知らないようである。

 結局STAP細胞ブーム(小保方ブーム?)が沈静化する前に、再現性がないことが話題となり、研究上の不備が次々と見つかり、Nature論文が取り下げられることとなった。そして、再現実験のチャンスもクリアできず、STAP細胞研究は不正と結論づけられた。

 個人的な見解を言えば、小保方氏が不正を行ったのではなく、データ管理が未熟で、しかも成否を判断する能力にも乏しく、しかも野心だらけの他の研究者に踊らされた、というところであろう。結局、勉強不足・能力不足で導いた間違った結論は、間違いであっても不正ではない、というところであろう。

 どこかのブログに書いてあったが、『STAP現象はありうる可能性である』として提示しておけば、世界中の研究者によって追試が行われ、誰かが成功してくれると期待して発表したのかもしれない。テレビのSTAP細胞検証番組で、故笹井氏の論文の表現力の高さを評価していたのを見たときに、自分たちでは完全に実証できていなかった論文を、厳しい審査をいかに通すかに苦心していたという印象を持った。実際に、韓国の研究チーム(だったと記憶している)が、STAP細胞の再現に成功したと発表した(しばらくして取り下げていた)。自分たちでは実証できなかったが、きっとどこかで誰かが証明してくれると期待していたとしか思えない。

 そんなSTAP細胞事件も忘れ去られた頃になってから、この手記は出版された。どこまでが真実か虚偽かはわからないが、ひとつだけ真実があると感じた。

 それは、懲戒審査は事前に結論が決まっている、ということである。

 STAP細胞があろうがなかろうが、理研にとってはどうでもよかったのだろう。とにかく、あれだけマスコミにアピールした手前、再現性がなく、論文を取り下げた、となれば、懲戒処分の結論は決まっていたとしか思えない。「本人が未熟でした」、「能力不足で解釈を間違っていました」、「すいませんでした」、では済まない状況になっていた。

 勿論、初めにも述べたが、研究はチームで行っているものなので、個人に責任を負わせるのは不自然であり本来連帯責任である。それでも、大々的に彼女をマスコミに曝してしまった以上、彼女が矢面に立たされることになってしまう。

 彼女が不幸だったのは、理研が彼女を広告塔にしてしまったことであり、その結果彼女は個人的に処分の対象となってしまったのである。しかも、共同研究責任者であるバカンティ氏は理研に所属しておらず、もう一人の責任者である若山氏も理研を退職していた。理研が処分できるのは、小保方氏だけという状況であった。理研により彼女は女神と崇めたてられ、魔女へと貶められたのである。

 あくまで憶測であるが、それを察した笹井氏は自殺することで、彼女だけに責任を負わせることを批判したのかもしれない。

 結局、懲戒審査は、当初の予定通り、小保方氏の不正を認定し、解雇ということになった。ただ、多くの専門家の見解では、不正認定の内容が甘いらしく、曖昧な審査であるとの意見を見かける。つまり、理研は不正内容の審査をするのが目的ではなく、小保方氏を切ることを目的としていたのであろう。

 懲戒審査は、体制側・雇用者側の都合で行われる。それがどんな些細な事案であっても、世間体や社会の評判が判断基準であり、事件本質の軽重では決まらない。小保方氏が不幸であったのは、理研が特定国立研究開発法人へ申請する直前であり、しかもその申請のための広告塔に利用されたことであろう。

 もし、STAP細胞研究が単なるプレスリリースだけで、あれほど大々的に記者会見しなければ、注目を浴びることもなく(一般人には)難解な研究発表として一部のマスコミに取り上げられるだけで済み、取り下げることになったとしても新聞の片隅にひっそりと載るだけだったかもしれない。大々的に発表し、特定国立研究開発法人への認可も下りなかった時点で、処分は解雇に決まったと言える。そして、形式的に手続きを踏んでいき、懲戒処分が下りた。

 魔女は狩られたのである。一旦魔女の疑いがかかると、どんな言い訳をしても魔女と認定されてしまう。それが魔女狩りの論理である(参考:「詭弁論理学」野崎昭弘著、中公新書)。そして組織は守られた。

 もしあなたが懲戒審査に掛けられたなら、あまり軽く考えない方がいい。その事件がもし会社の社会的な評判を落とすものであれば、かなり重くなる。あるいは、経営難であれば、あなたを切ることで経営を立て直そうとしているのかもしれない。事件の軽重ではなく、会社の状況をよく見ることが一番大事である。懲戒審査は客観的には判断されないことを理解しておく必要がある。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析