新世紀ユニオン発行のニュース

労働法基本書のすすめ

プレップ労働法 [第5版] 森戸英幸著 弘文堂 (2,000円+税)

 新世紀ユニオンでは事あるごとにニュースや委員長の日記のブログで労働問題や労働者を取り巻く国内外の情勢などの情報が発信されておりとても良い状況です。

 しかしながら委員長も繰り返しブログなどで「法律的に無知な労働者は経営者にとっては違法行為のやり得」である旨指摘しています。

 入社の際、残業や有給休暇、不意に訪れる退職勧奨の際、上司からパワハラまがいの言いがかりをされた際、労働者がとっさになんらかの対応を取らなければならない時に、労働法を知らなければ変な方向に行ってしまい、その後の対応に苦慮することになります。

 幸い、わからないことは新世紀ユニオンのサイトや委員長の日記のブログなどでサイト内検索すればおおむね答えが出てくるのは大変ありがたいことです。これらのサイトやブログは結構長い歴史があって労働問題のだいたいのことは網羅されていると思います。

 一方、もう一歩進めて一度体系的に労働法を学んでおくことは、転ばぬ先の杖として新世紀ユニオンに加入していつでも相談できる状況を作っておく事との合わせ技としてとても有効で、雇用を守る上でのさらに大きな力となります。

 労働法の基本書としては菅野和夫という東大名誉教授で中央労働委員会の委員長を長年やってこられた労働界の大御所の先生が書かれている「労働法」(弘文堂)が超有名で改定も11版となっておりどんな本でもまず引用されていますが、なにせ値段も高いし重たいので専門家でもなければ必要な時に図書館で借りたらいいと思います。

 そんなことでお勧めの本が一冊あります。菅野和夫の東大での弟子(本書から)の森戸英幸という先生の書いた「プレップ労働法[第5版]」 弘文堂(2,000円+税)という本です。B6で300ページぐらいの新書より少しボリュームがあるくらいの本です。当方も長らくお世話になってきましたが、労働関連法の改正や重要判例が出てきたことからつい最近(3月30日)改訂されて第5版が出ました。

 「第2版のはじめに」で初版についての意見、批判を書いたくだりは以下のとおり-
「たとえば「ふざけ過ぎだ」「ふざけ過ぎだ」あるいは「ふざけ過ぎだ」など。しかし残念ながら第2版も全く同じトーンなので、ふざけた本で勉強したことをまじめな場面に応用する能力に欠ける場合は読まない方が良いかもしれない」(!)

 一方で「労働法を楽しく勉強できました!」という初学者のみなさんの反応もありがたかった。との意見や、専門家の「実は深い本だね」との感想も掲載されています。

 何が「ふざけ過ぎ」なのかはぜひ本屋で確かめてもらうとして、とてもいいと思うのは、職場でさも本当に交わされていそうな会話やセリフがふんだんに掲載されていて、「それって適法?違法?」といったノリから話が始まるというところです。

 あまり面白くない例を一つだけ-
「「この改正された新しい就業規則は、全くもってヒドイ、メチャクチャな内容です。全労働者が反対です!」
「そうですか、わかりました。ではそちらのそういうご意見も新就業規則と一緒に労基署に届けておきますが、でも明日からこの就業規則で行きますので......」 なんか変な感じだが、これでOKということだ-少なくとも労基法のレベルでは。」

 就業規則に関するいろいろな要素が入れ込まれている微妙な内容ですがここから就業規則の話が展開されていきます。

 分厚い基本書によくある、「この論点の学説にはA説とB説があって、判例はB説に近いが著者はA説をこれこれの理由で支持する。したがって判例には反対。」みたいな能書きはほとんどないので必要なポイントがストレートに整理されて頭に入ってくると思います。

 初めて読み始める時には全体の5%ぐらいある網かけの部分(拡張部分かと思います。ここも時々面白いことが書いてあります)はカットして読んでもいいかもしれません。

 労働組合のことも全体の4分の1くらいは書かれてその書き出しは「クミアイってどうなの?」となっています。労働組合は「実はおトク?」な存在であるということでその理由が簡潔に述べられていきますが、なんと団交のところではAKB48が登場します。(!)

 判例に関しても昨年2月の海遊館事件(大阪の海遊館でのどうしようもないセクハラ事件で出勤停止とされた懲戒処分が妥当だとされた)までがフォローされています。おおむね重要な判例は網羅されていて労働判例の重要論点のさわり部分はもれなく味わうことができます。

 ということで労働法の基本書を紹介しましたが、この本に限らず労働組合の組合員として不断に労働法を学んで、自らを高めていくことは、いずれにせよ極めて重要な役割であり、役目であると思っています。そしてそのことが自らの雇用を守ってくれると信じています。

 (この項引用は同書より)
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析