FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

コロナ禍の賃下げは拒否できる!

問1

 社長にコロナを理由に5万円の賃下げを言われ、雇用契約書にサインするように言われました。社長は「受け入れない

問2

 私はホテルで働いていますが、シフトの変更を理由に勤務時間を半分に減らされました。このため私の収入が半分になります。このような措置は法律的に許されるのでしょうか?



 コロナ渦を理由にした労働条件の不利益変更が横行しています。コロナ渦で経営が苦しいなら政府の雇用調整助成金や事業継続助成金などの様々な政府の救済措置があります。したがってコロナ渦を理由にした賃下げなどの労働条件の一方的変更は基本的応じる必要はなく、拒否すべきです。

 労働契約法は第1条で労働者及び使用者の自主的な交渉の下で、労働契約が合意により成立するという「合意の原則」を定めています。また(労働契約の成立)を定めた第6条は労働契約が労働者及び使用者が合意することで成立することを定めています。

 したがって労働者は労働条件の一方的変更について断固拒否し、認めないことが重要です。認めていなければ、もし一方的に賃下げされても、未払い賃金は取り戻すことができます。

 信頼できるユニオンに加入して団体交渉で未払い賃金を支払わせることができます。この場合未払い賃金の時効は現時点で2年ですので、時効にならないうちに請求することが必要です。(最近法改正が行われ、2020年4月1日以降に支払われる賃金の時効は3年になっています)

 したがって、たとえ経営者がコロナ渦を口実にして賃下げを求めてきてきても、労働者は絶対に受け入れたり、合意してはいけません。基本的に会社は労働者の合意なしに、一方的に労働条件の不利益変更を行うことは許されません。

 ましてや賃下げを「受け入れないなら辞めてくれ」というのは、労働条件の不利益変更か解雇かの2者択一を迫ることであり、これは違法なのです。これを「変更解約告知」といいます。

 つまり<問1>の方の5万円の賃下げを受け入れないなら辞めてくれ、というのは「変更解約告知」であり、違法といえます。したがって受け入れる必要はありません。

 もし一方的に賃下げを行ってきても、労働者が認めていない以上未払い賃金部分は後でまとめて請求できます。これを未払い賃金の請求権があるといいます。

 この場合労働契約の一方的変更を認めない、という証拠を残すことが重要です。有印の書面で伝え(証拠のコピーを取っておくこと)ることが重要です。

 コロナ渦の一方的大幅賃下げは、その狙いが自己退職に追い込む狙いが多く、したがって様々なパワーハラスメントが並行して行われる例が多いので、早い段階でユニオンに加入して録音などの証拠を残すようにしてください。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
スポンサーサイト



アベノミクスの正体見たり

 コロナウィルスが蔓延している状況下であらためてアベノミクスの失政が評価されうる。すなわち、日本経済の失速がコロナ禍の影響ではなく、アベノミクスに原因があったということである。

 まず、ニュースを見ていると感じるのは、自営業者のもろさである。家賃や光熱費といった固定費を払えずに廃業している業者が多いということである。本来であれば、内部留保により多少の蓄えをしてこうした状況に対応できるはずであるが、高すぎる家賃のため自転車操業をしていたことが明るみになったということである。

 つまり、アベノミクスは経済が回っている間はなんとかなっているが、一旦それが滞留すると化けの皮が剥がれてしまう程度の経済政策であった。確かに、経済におけるお金は、体内における血液だとみなす見方もあるかもしれない。血液が滞留すれば、様々な臓器が破綻してしまう可能性はあるだろう。

 しかし、血液は絶えず循環していなければならないが、お金は貯めることができる点で大きな違いがあり、経営者は万が一に備えてある程度は蓄えておくべきであったはずだ。結局、蓄えができない経済状況、それがアベノミクスの正体であったと言える。

 もともと経済成長2%という目標値が、異次元の経済政策ではなく、その程度のインフレが経済を正常に成長させるという経済学の常識に基づいていた。それを達成できないということ自体がアベノミクスの問題であった。

 経済成長が停滞しているときに消費税を上げるという愚策を行ってしまった後で、コロナ禍で完全に経済が止まってしまったということでしかなく、コロナウィルスが流行しなくてもアベノミクスの失敗は見えていた。

 アベノマスクもGoToキャンペーンも付け焼刃的な愚策でしかない。おそらくは癒着している企業に金を落とすための政策であったことは間違いないだろう。

 例えば、アベノマスクに関してはどこの業者に発注したかすら公表されていない。しかし、おそらくは大手広告会社の子会社、あるいはダミー会社あたりが受注しているであろう。

 それを日本郵便が発送することで、日本郵便が潤うという構図である。かんぽ生命が現在もまだ不正販売で事業が縮小してしまっている穴埋めとしてアベノマスク事業が展開されたことは想像に難くない。

 GoToキャンペーンにしても観光業者や地方の観光業が潤うという説明であるが、結局は航空業界とJRに対する救済策であろう。

 ナショナルフラッグを担っている航空会社の収入が減ることは避けたいし、JRにしても新型の新幹線を導入したり、国策としてリニアモーターカーの開発を続けている手前どうあっても収入源を抑えたいという思惑が入っていることは容易に想像できる。

 結果的に、アベノミクスはお仲間の懐を暖めるための経済政策でしかないということである。これは、大手ゼネコンが復興事業を子会社に丸投げした結果、キックバックをもらっていたという構造も含めて言えることである。加計学園に獣医学部を新設したことなど、あくまでも私事でしかない。

 決して庶民のための政策ではなかったということは明白である。

 アベノミクスの正体見たり“枯れ尾花”ではなく、“枯れすすき”という方が正しいだろう。“枯れ尾花”とは“すすき”のことであるが、昔の流行歌に「昭和枯れすすき」という歌があった。
http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=31525

 「昭和枯れすすき」ではなく「令和枯れすすき」になろうとしている現在の状況を作り出したのは間違いなくアベノミクスである。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

チケットレス特急券の活用を

 私は先日、南海特急サザンに乗って和歌山へ行って来ました。目的地は加太にある淡嶋神社です。雛流しで有名です。縁結びその他諸々のお願いをしてきました。寺社へ行けば心が晴れやかになるというか頭の中が軽やかになります。

 コロナ禍ということで係員指示に従って楽しく参拝してください。また、お守りや御朱印、また、祈願や祈祷を受けたときの料金は消費税はかかりません。それがあってか消費税が増税されてから余計に参拝客が増えています。

 私は例年は大阪府内で海水浴に行っていますが、コロナ感染防止のため府内では海水浴は中止です。更衣室の3密がいけないでしょう。海水浴に行くのに少なくとも泉佐野までは南海特急に乗っています。特急に乗れる区間では海水浴に行く場合でも立ちっぱよりは指定席で座って楽しく電車に乗りましょう。

 ところで、チケットレス特急券のメリットは、どこでも特急券が買えることです。無人駅が増えた現在では、ある無人駅から各停に乗って特急停車駅に行くまでに特急券を買うことができます。特急券自動販売機に並ぶ必要がないので、早く目的地に着くことができます。

 私は、新幹線と近鉄と南海のチケットレス特急券の会員です。いわゆる常連客です。それによって通勤のときにいつも乗っている電車の混雑具合によって指定席車にする場合があります。電車での3密対策でしょう。長距離列車や対面シートやトイレや喫煙室は注意した方がいいです。

 電車の場合は1人でも多く座れるようにということで、間隔あけて下さいとはできません。それよりもいわゆる空気を運んでいると言われている車両を利用した方がいいのかと思います。

 職場はますますストレスがたまります。これを読んでいるみなさんは、旅に出て電車に乗るときは少しでもいい席に座って楽しんで下さい。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

人間らしく生きるために:性別役割分担を考える

 私は大学卒業以来、教員として働いてきている。教員という職を選んだ理由には、男女という性別による給与の差があまりないだろうということもあった。1980年代前後、女性で四年制大学に進学するのは、困難をともなったことをどれだけの人が覚えているだろうか。

 中学の同級生の女ともだちは、そのほとんどが高等学校卒業で就職をした。進学するにしても短大を選ぶのが普通であった。短大であろうと四年制であろうと卒業後は、いわゆる腰かけで就職し、結婚と同時に退職するというような風潮があったと思う。それがほとんどの女性の道であるかのように刷り込まれていた世代である。

 そんなときに四年制大学への進学を選んだ私には、「嫁のもらい手がなくなるよ」とか「女には学問はいらない」といった言葉が浴びせられることが多々あった。

 なぜ、女性に生まれただけで大学にも自由に行くことができないのか。当時の私には上のような言葉が浴びせられるときに返すことばすら見つけることは出来なかった。

 女性は男性のように生きることはできないということを嫌というほど骨身にしみさせられていたからだ。けれども心にはいつも違和感があった。そして、21世紀を迎えるころには、きっと男女は平等になっているだろうと希望をもっていたものである。

 忘れられない侮辱的フレーズは他にもある。24、25歳の未婚女性をクリスマスケーキに例えるものだ。いわく、女は25歳を過ぎると嫁のもらい手がないというもので、ちょうど25日になったら誰もクリスマスケーキを買わないことにかけて女性を揶揄することばである。

 たったこれだけのフレーズがどれほど多くの女性を不幸にしたのか、そんなことを言い始めた人は知らないだろう。まるで今から二百年前の英国のごとく、結婚することこそが幸せであるかのような幻想が当時はまかり通っていた。

 私もそんなことばにあおられて急いで結婚したひとりである。結婚後も、教員として働きながら、家事もすべてひとりでこなした。その当時のパートーナーは、会社員であったが、なぜか家事はいっさい手伝ってくれなかった。ゆえに、私は病気にかかり死にかけた。過労から原因不明の発病となり生死をさまようことにまでなったのだ。

 「男は外ではたらき、女は家庭をまもる」、いわゆる性別役割分担という考え方は、英国の産業革命とともに発した考え方だ。産業革命は、多数の工場での働き手を要した。人々はそれまでの農村において一家で働く形式を捨て、都市を目指した。そして、男は工場で朝早くから働き、疲れて家に帰る。

 家では、そんな男たちを慰めるものとして女性は位置付けられた。そこでは、女性は男性に劣る性として認識されていた。女性たちを結婚へかりたて、家庭にしばるために「家庭の天使」ということばが生まれた。

 この流れは戦後日本でも積極的に取り入れられ、私の通った大学でも「良妻賢母」なることばにより女子教育がされていたのだ。

 自分の意思によって得たものでないものやことを通して、何らかの制約や押し付けが生じること、併せて、それらを常識とされることに疑問を呈したい。女性は家庭にしばられなくていいし、男性も工場や会社などにしばられることもない。

 生きることにそのような縛りは必要ない。男性も女性にもみずからの力を存分に発揮できる場、機会を平等に与えてもらいたい、そのような社会をつくりたい。家事も労働も生きていくのには必要なものである。そのどちらも楽しみながら生きていきたい。

!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

女性にうまれて

 新川和江さんの「わたしを束ねないで」という詩を紹介したい。

わたしを束ねないで
あらせいとうの花のように
白い葱(ねぎ)のように
束ねないでください わたしは稲穂
秋 大地が胸を焦がす
見渡すかぎりの金色(こんじき)の稲穂

わたしを止めないで
標本箱の昆虫のように
高原からきた絵葉書のように
止めないでください わたしは羽撃(はばた)き
こやみなく空のひろさをかいさぐっている
目には見えないつばさの音

わたしを注(つ)がないで
日常性に薄められた牛乳のように
ぬるい酒のように
注がないでください わたしは海
夜 とほうもなく満ちてくる
苦い潮(うしお) ふちのない水

わたしを名付けないで
娘という名 妻という名
重々しい母という名でしつらえた座に
座りきりにさせないでください わたしは風
りんごの木と
泉のありかを知っている風

わたしを区切らないで
,(コンマ)や.(ピリオド)いくつかの段落
そしておしまいに「さようなら」があったりする手紙のようには
こまめにけりをつけないでください わたしは終りのない文章
川と同じに
はてしなく流れていく 拡がっていく 一行の詩


 小学生の「国語」の教科書に載っていたこの詩は、なんとなく自分が女に生まれて損をしていると気づき出したころでもあって、忘れられない。母は、産みの苦しみを味わって授かった最初の子が女の子で、残念だったそうだ。「この子も女で損をする」そう思った
という。

 だから、小学生の頃の私は「男の子」に負けないように頑張った。女でも男並みになれる、全身で母にそう言いたかった。6年生のとき、同級生の男の子と殴り合いのけんかをした。原因は覚えていない。でも、相手の子から顔面に受けたパンチは本当に痛くて、泣き出してしまった。その時、力では男の子に敵わないことを知ったのだ。

 中学校からは、体力では負けるので、勉強で頑張ろうと決めた。勉強して当時としては珍しく四年制大学にまで進学することができた。

 1980年代は、女の子は高校までで就職する人が多く、短大へ進学するのが普通だという空気が漂っていたと思う。「四年制(大学)なんかへいったら、結婚できへんし」という露骨な嫌味も何人からかいわれた。

 「第一志望の東京の大学に推薦してあげる」と高校の担任の先生から言ってもらった時は、まさに天にも昇る気持ちだった。さぞ、両親が喜んでくれると思った。けれども、親からは「女の子は自宅から通える範囲で大学へいけ」という予想だにしないことばが返ってきた。

 内心ふてくされて、大学に進学したのだ。心の中で、「男女平等の世の中にするんだ」と決めていた。そして、今。21世紀をむかえてもなお女性を取り巻く環境は変わらない。

 女性に生まれたことを受け入れるのには長い時間がかかった私。悔しい時、新川和江さんのこの詩を思い出す。不当解雇に追いやられてユニオンを尋ねた。

 委員長と組合員の方々に支えられ、闘い、勝利的和解を手にした。ユニオンを脱退するという考えは、一度も浮かばない。同じような不当な目にあい、理不尽なことに対峙する人達の何とかそばにいたい、と願っている。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析