新世紀ユニオン発行のニュース

政府の「働き方改革」は欺瞞だらけ!

政府の裁量労働制の拡大は、営業職などに残業代を払わなくてもいいようにするための法案だが、その基礎となる資料が捏造と思われる杜撰なものであった。

 また社員に裁量労働制を違法適用した野村不動産への厚労省の特別指導は、過労自殺を隠蔽して実行していたものであった。今回はあまりにも杜撰な内容であったため立法化を断念したが、政府はすぐに資料を作成し直して法案を出すことを狙っている。

 厚労省が加藤厚生労働大臣に提出した、野村不動産への特別指導についての資料は国会に提出されているが、大半が黒塗りだったという。政府の隠蔽体質は際限がない。

 厚労省はフリーランス保護の名目で検討報告を出しているが、その内容は偽装請負による労基法違反をフリーランス保護の名目で合法化を狙っている節がある。

 世間では月8万6,000円の低賃金で長時間働かされ、残業代を請求すると「請負だ」としてごまかす欺瞞的雇用が広がっている。

 契約書も渡さず、最低賃金以下で働かせるのをフリーランス保護の名目で合法化しようとしているのではないのか?警戒しなければならない。自由業や請負という形で最低賃金法違反を合法化したり、労基法違反を合法化するやり方は賛成できない。

 安倍政権の「働き方改革」は残業時間の上限を月100時間に定めるが、これでは今まで残業が少なかった企業まで、月100時間に横並びしかねない。上限を定めて残業を減らすのなら月20時間ぐらいにすべきであろう。

 安倍政権の「働き方改革」は長時間労働を合法化し、しかも高度プロフェッショナル制度と称して、残業代ゼロ法案を通そうとしている。賃金の高い上からの層は高度プロフェッショナル制度で、賃金の低い層は裁量労働制の拡大で、上と下から残業代をゼロにするというのだからあくどいというしかない。

 日本は先進国の中でも、労働の生産性が極めて低いのは、こうした絶対的剰余価値の獲得ばかりしているからである。必要なのは省力化投資で生産性を高めることなのだが、安倍政権は資本主義経済が分かっておらず、愚劣にも国民経済を縮小再生産に追い込むことばかりやっているのである。

 日本経済に必要なのは長時間労働の拡大ではなく、最低賃金を1,500円に上げ、残業代の割増賃金率を100%にして、人を雇うより、設備投資で生産性を上げる経営へと導くことなのだ。

 労働力が不足しているからこそ、外国人を入れるのではなく、設備投資を促す政策誘導が必要なのであるが、安倍右翼政権は日本経済が疲弊するような間違った政策ばかり行っている。おろかも極まれりというべきだ。

!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

今起きている異変に気付く時


 私は不動産営業の仕事に従事して30年になります。先日、ひとつの取引が成約し銀行にいつものように住宅ローンの申請手続きに銀行に出向きました。4月は異動の時期というのは解っていましたが、驚きました!

 支店長はじめローン担当の次長が次々と出向(もう銀行には戻って来れない片道切符を持たされた事実上の解雇と言える人事)となっていました。どの方々もとても優秀で仕事の出来る人たちでしたが、小さな地銀ではなくメガバンクです。普通なら異動の連絡等もありご挨拶のひとつでも交わすですがそれもありませんでした。

 少し不安感を持ちながら新任の支店長と担当と挨拶をしました。失礼ですが正直こんな人が支店長?って人が出て来ました。イメージとしてはATMコーナーによく立っているお客様のご用聞き係みたいな感じです(役職蔑視をするつもりではありませんが)。

 名刺交換を済ませ返って来た言葉が「それでは申込のお客様の情報をコンピューターに入力して来ますので少々お待ち下さい直ぐに結果をお持ちします」私は「・・・?この人何を言ってるの?」って感じです。通常はお客様内容のヒアリングと内容の確認と精査などのやり取りの作業で1時間ほどかけて

 ローン申込完了となるのですが、更に不安感は増し10分ほど待ちました。「すみません、このお客様の場合ご希望の申込額の200万減であれば融資させて頂きます」という回答!

 私は少し怒りを覚えながら「おたく何を言ってるの?」と返したところ「この4月より審査にAIシステムを導入しておりましてこの回答が出ました」と何の悪ぴれた様子もありません。
以前ならひとつのローン案件を通すのに色々知恵と汗を出して共に取り組んだもんです。

 要は機械に人間が審査されて、人間は機械に入力する作業さえしていれば足りるという事です。
私は納得が行かず「あなたでは話にならないので上席の人を呼んでくれ」と言ったところ「偉そうに私が支店長です」と即答されました(笑)

 内心「お前もそんなに長くないぞ」と思いながら(笑)結局そのローンは他の地銀で取り組む事になりお客様にはご迷惑をかけずに済みましたが。そういえば、数日前の新聞でメガバンク新卒採用7割カットという記事を読んだ事を思い出しました。

 世の中のAI化が完了されると言われている2030年までまだ10年以上もあるじゃないかと思っていた私の認識の甘さを痛感した出来事でした。今までの「常識」が「非常識」になる予感がします。組織でも昔は「指導者」が必ずいましたが今は「支配者」がはびこる時代です。出向させられた優秀な支店長もとても人間的にも魅力のある人でした。

 昔は「出る杭は打たれる」とか「長いものには巻かれろ」とかよく聞かされましたが、時代はどんどん進化して行く中で現実は昔に「退化」して行っているような気がします。

 一国の大臣がセクハラで辞任した次官を擁護する発言をしたり、不正をした官僚を出世させたり、やりたい放題の正しく「異常」が「正常」になっています。世論調査では内閣支持率がどんどん落ちている中、経済界では安倍内閣支持率が70%を越えています。

 「自分達の私腹さえ肥えれば、労働者の暮らしなど知ったこっちゃない。どうせ機械にやらせればいい」という異常な感覚があるのでしょう!

 今、起きている異変に我々労働者は敏感に反応しなくてはならないという事を再認識しなければならない時が来ました!「自分は大丈夫」とか「そんな問題は誰かが解決してくれる」など思った瞬間に足元をすくわれる気がします。

 自力を付ける努力をしなければなりません! 力を結集する今こそ「団結」の精神を大切にしなければなりません! そうでなければ・・昔に観た「ターミネーター」という映画が現実のものになるような気がします。

 とりとめのない長文で申し訳ありません。でも、確実にそれもかなりのスピードで異変は起きています。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

学校生徒に制服はいらぬ

 先月、東京都中央区立泰明小学校において、イタリアの高級ブランド「アルマーニ」の制服の採用が決まりました。一式8万円はします。公立小学校にふさわしい対応なのか疑問の声をよく聞きます。
正直言って、私も高級ブランド物を身に付けたいと思います。多少金かかっても、身だしなみを教える点では賛成です。

 さて、学校制服は、軍服がモデルだったのです。歴史をたどっていくと、そうなるのです。戦前の学校教育が軍隊教育だったのは事実です。実は、今日現在も軍隊教育の思想が残っているのです。また、学校の先生は、教員免許を取ったり教員採用試験を受けるにあたって、軍隊教育思想を叩き込まれるのです。

 お国のために死ねる人でないと、教諭(正社員)になれません。教える技術がある人なら塾か予備校講師になるのががいいです。

 したがって、身だしなみは必要だが、学校生徒に制服を強制すべきではありません。会社の制服は会社負担だが、学校制服は保護者負担です。学校が払ってくれません。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

証拠の残し方~私の失敗経験

 『働き方改革』法案の立法が強行採決されるかもしれない状況で、まず未払時間外手当の請求が難しくなる(認められにくくなる)事を、個人的には懸念します。

 証拠を残す事の重要性と基本的な手法は、新世紀ユニオンニュースないしブログで再三にわたり公開され、さらに組合員になりユニオンに良いも悪いも包み隠さず相談すれば(これ大事!)個々の事案に応じた的確な指導がなされます。

 しかし新世紀ユニオンを知らない、あるいは加入していない人たちを誤認させ、闘えなくさせるかのような情報が、インターネットには氾濫しています。まるで『孫子の兵法』を悪用し『備え』させないかのようです。

 加入前の私が素人の聞きかじりか思い込みで、誤った方法で一生懸命、失敗を続けていた経験をご紹介します(つまり証拠能力のない記録ばかり、積み上げてた事)。

 1)隠し録りは違法!?
 
・インターネット情報「裁判所は隠し録りを認めない、監督署は隠し録りしか認めない」。
・いちいち上司や経営者に申し出て、録音せよという事です。さすがにちょっと、裁判所と監督署では違うのはなぜ?くらいは思いましたが、信じ込んでいました。
・以前、加入していた他ユニオンでも、そうしていました。他の組合員の団交に同席した際に至っては、出席していた社長に録音を促し、レコーダー持っていないと言われたら、貸し出そうとしていました。

 2)手書きメモは悪印象!?
 
・インターネット情報「手書きメモは読みにくいので、悪印象。清書したWORDのみ出す事」。
・私は字が汚いし、紙で保管していると整理が大変とか無くす事もあり、まあやっぱり走り書きメモなんて相手には読みにくいし悪印象だろうと思い込み、せっせとパソコンで議事録みたいに書き起こしては元のメモを廃棄していました。

 以上、自省のため公開します。アホですね。不当な攻撃され続けていると、切羽詰まって、あるいは精神を病んで藁をもつかみたい心境になり、敵や手先が『備え』させないため流布してる罠情報に安心か信用し、引っ掛かったのでしょう。

 他ソースの情報と対比し考える、心の余裕がなく『これだ!』と思い込み一生懸命、手間隙かけて使えない証拠を積み上げてしまっていました。ちょっと冷静に考えれば、ありえない、そんな訳ない、というのわかりますね? 皆さん、絶対にマネして実行しないように!!

 3)こんな方法もあるようです
 
・出退勤時に、携帯メール送信
・タイムカードがない場合、コピー取りにくい場合、出退勤時に自分、家族あるいは友人にメール送信する。日時の記録が残ります。相手から何らか返信も取れれば、ベターでしょう。
・出退勤時間を記録するアプリ
・スマホのアプリもあるようですが、これは怪しくないか、検証すべきと思います。
・メモをスマホで撮影、メール送信(日時が記録で残る)
・新世紀ユニオンでは「実験ノート」のように日付と出来事を記入した、ノート記録を作る事を推奨しています。
・ただし日記をつける習慣がない人、切羽詰って日付を書けず走り書きのメモだけ残る場合、メモを携帯かスマホで撮影してメール送信、日時の記録を残す事をする人も、いるようです。

 念のため携帯電話会社で、通信記録をもらうのが良いように思います。ドコモは過去1年、NTT西日本は2年か3年は保管されているようです。

 新世紀ユニオンで公開あるいは個々に指導される方法で、使える証拠を集め定期的に整理するのは、最低限の備えです。しかし足りない時、あるいは揃っている時でも、あえて新たに証拠を作り出す行動も必要になる事もありえます。

 新世紀ユニオン同様に、敵も常に攻撃方法を研究しているはずです。『孫子の兵法』はむしろ経営者たちが熱心に研究しており、『○○でもわかる』みたいな経営者向けの本やセミナーが、世に多く出ています(○○とは・・・?)。慢心せず、あるいは焦らずユニオンに相談し、指導を素直に実行しないといけません。

 職場で一人で耐え闘っていると、ついつい追い詰められ切羽詰まって、また新たな間違いをしてしまいかねません。ユニオンの交流会に参加し、悩みを話したり皆の意見を聞いてみる事が、大事です。

 批判したり協力しない人は、新世紀ユニオンにはいません(遠方で来れない人は、交流会の時に事務所へ電話し、スピーカーホンで話するとか、あっても良いかもしれません)。

 難しい時代です。しかし『物事は極まれば好転する(好くなる)』『朝が来ない夜はない』と、いつの時代にも共通の格言があります。諦めない限り、いつまでも辛い、どうにもならないはないはずです。皆さんと団結し、乗り越えたいです。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

働き方改革とは

 郵便配達の世界では、最近勤務時間を厳守するように厳しく言われています。過労死や長時間労働対策だといわれています。果たして、本当でしょうか。

 実は、郵便局にも成果主義賃金制度が導入されています。DOSS(ディーオス、集配業務支援システム)が曲者です。詳しくは、伝送便か郵政産業ユニオンをご覧下さい。要は、職員同士で作業能率を競わせて、給料を上下させているのです。

 配達の補助をした場合は、補助された者から給料を奪うシステムです。また、超勤の多い人は、賃金査定が下がります。そのため、早着手や休憩時間中に仕事をすれば、サービス労働で損するどころか、逆に給料が上がる?のです。経営者や管理職は安全配慮しているようだが、実はルールを守って競争してねと言っているのです。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析