FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

本採用拒否・試用期間中の解雇について


 試用期間の合意があっても、労働契約自体は、期間の定めのない労働契約です。試用期間中とは解雇権留保付きの契約ですが、この解約権行使には制約があります。

 履歴書や面接ではわからなかった労働者の不適格性がある場合解雇できます。例えば経歴・学歴に詐称がある場合、労働者の資質・性格・能力・協調性などに問題がある場合などに本採用拒否あるいは試用期間中の留保されていた解雇権が行使されることになります。

 ただしこの試用期間中の留保解約権の行使は試用期間中の勤務状態により、当初知ることができなかったような事実がわかり、引き続き当該企業に雇用しておくことは適当でないと判断することが、「解約権留保の趣旨・目的に照らして、客観的に合理的な理由が存し、社会通念上相当として是認されうる場合」にのみ許されます。

 試用期間満了ではなく、試用期間中の解雇は本採用拒否の場合と比べ一層高度の合理性と相当性が求められるとする判例もあります。

 具体的に見ると思想信条を理由とする本採用拒否・試用期間中の解雇は14条並びに労基法3条違反です。経歴・学歴詐称は本採用を認めない判例もあり、また認める判例もあります。業務不適格とか勤務成績不良については事案ごとに検討が必要です。

 またコロナ渦での業績不振を口実にした場合は、整理解雇の4要件を満たさない限り無効です。整理解雇の4要件とは以下の通りです。

(1)人整理を行う業務上の必要性があるか
(2)解雇を回避する努力を尽くしたか
(3)整理解雇基準と人選の合理性があるか
(4)組合と協議を尽くしたか、労働者に誠意をもって説明したか

 試用期間を会社が説明もせずに2回も延長していた例もあります。試用期間の延長は原則として認められません。ただし採用時に予見できないような事情があれば認められる場合があります。

 本採用を拒否されないまま、試用期間が過ぎれば自動的に留保解約権は消滅し、通常の労働契約に移行します。したがって試用期間中は人事が社員を使い「前の職場はなぜやめたのか?」とか、「どのようなトラブルでやめたのか?」話しかけてくる(=調査してくる)場合が多いので、あらかじめ答えを考えておくようにしてください。

 解雇をにおわされただけでパニックになり、社長に1日に10数件もメールを送りつけ、それが試用期間中の解雇理由にされた例もあります。メールは相手の返信を待ったうえで次のメールを送るようにしてください。

 会社の仕打ちがおかしい点があっても、試用期間内はおとなしくして、試用期間が過ぎ、留保解約権が消滅するまでは我慢するようにしてください。

 もし本採用拒否や試用期間中の解雇になった場合は、きちんと理由を聞いて録音しておくことが最低限必要なことです。理由の証拠を取ってからユニオンの指導を受けて闘うようにしなければなりません。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

ハラスメントがない職場で充実した日々!

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、新型コロナウイルスの不安だけでなく、労働問題でとても大変な中新年を迎えられた方が多いと思います。今年こそ、皆様にとって良い一年になりますよう、心からお祈りしております。

 私は非常に長い間、どこの職場へ行ってもパワハラやセクハラに遭い続けてきました。学生の頃からハラスメントが続いていたので、かれこれ何十年にもなります。そんな私の2020年ですが、流産経験後に契約を解除され、人生何度目かの無職となりました。

 それはちょうど新型コロナウイルスが流行し始めて景気が悪くなり、失業者が増えてきた頃でした。緊急事態宣言の中、ハローワークに通いながら就職活動をしなければなりませんでした。

 その間、何十もの会社に応募しました。しかし、年齢や性別、これまでの経験、コロナ禍という社会情勢から、ほとんどの会社で書類選考での見送りという結果でした。また転職会社のエージェント(仕事を斡旋してくれる担当者)が、自己紹介をしただけで求人の斡旋をしてくれないまま去っていくということが何度もありました。

 しかし失業保険受給が終盤となった頃、インターネットで凄腕のエージェントと知り合うことができ、その方が斡旋してくれる求人にはほぼ全て面接まで進むようになりました。結果的に、大手外資系企業を辞退して、とある大手子会社の内資企業に入社する運びとなりました。

 今私はこの会社で、とても充実した日々を過ごしています。まず驚いたことには、パワハラやセクハラが全くありません。ハラスメントに対する監視が非常に厳しく、管理職が常に人間関係をチェックしています。

 またこれまでの職場では、コンビニのような休みない勤務は当たり前にもかかわらず、残業代をもらったことはありませんでした。しかし今の会社では、就業時間はパソコンで管理されており、残業時間に問題がないか細かくチェックされます。

 残業時間を過小申告すると本人が処分されるので、十分に気を付けるようにと何度も指導が入るほどです。また、セクハラパワハラをなくすためのeラーニングやディスカッションが定期的に行われ、社内のハラスメントに対する危機意識が非常に高いです。

 ただこの会社、給料が非常に安いことが難点です。そのため内定が出たときは、もう一つの選択肢であった大手外資系企業に就職すべきかかなり悩みました。

 その時、角野委員長に「外資系企業はハラスメントが多く、業績が出ないとすぐに解雇される。内資企業のほうが福利厚生が充実している。そして何より、自分がやりがいを感じる仕事に就いたほうが良い。」とご助言を頂きました。

 結果的に委員長の意見を取り入れて、ハラスメントがない環境で充実した日々を送ることができて本当に良かったと思っています。

 昨年の年末に仕事を終え、上司に挨拶をしたのですが「これまでずっと長い間どうしようもなかったこの仕事が、あなたが入社してくれたおかげで少しずつ動き出した。本当にありがとうございます。」と言われました。

 私は長年やってきた仕事を捨てて、新しい業界に入りました。そのため、まだまだ不安が大きくやりがいもまだあまり感じることができません。ただ、初めて上司や同僚に大切にされ、仲間と思える同志に囲まれて、この業界で皆と一緒に頑張っていきたいと強く感じました。

 私は転職をきっかけに、ハラスメントが原因でずっと暗闇の中にあった自分の人生が少しずつ動き始めました。しかし私自身人間ですから、これからも苦難や試練は絶えず経験すると思います。しかし、これまでよりも前向きな気持ちで未来を受け入れることができそうです。

 皆様にとっても、本年は良い一年になりますように。仮に大変な状況が続いたとしても、それは一生続くものではないと思います。どんな時でも、まずはご自身を大切に。楽しく充実した日々が続きますように、お祈りしております。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

ネット上のデマに怒りを覚える一組合員!

 なりすましでネット上に仲間の名前をさらす行為に、私は怒りを感じています。私は阪神間で働いている郵便労働者です。

 不思議なのは、委員長の指導で大企業の組合員はユニオン内でペンネームを使い、しかも電話やメールではできるだけ連絡を取り合わないように言われていたのに、どうしてこのようななりすましができるのか?と不思議に思います。

 同時に郵便の組合員に対し、委員長がどうして非公然にするように指導したのか、その意味が今回の件でよく分かりました。郵便は民営化し大企業の労務管理が採用されています。ですから賃金が安いまま、人事の管理が以前よりも強化されています。

 ネットでなりすましで仲間の個人名をさらしている犯人が、郵便の組合員が一人だと思っているらしいことが分かります。複数の組合員が書いている投稿が一人と思っているらしいことは、敵は新世紀ユニオンのことをあまりよく分かっていないということです。

 委員長のブログを読んで、それをデマに着色して真実味を出していますが、デマはデマです。案外に新世紀ユニオンのことをわかっていないことが分かります。委員長が無欲で、献身的だということすら知りません。

 20年前に新世紀ユニオンを結成して以来、郵便の組合員が多くいることすら犯人は知らなかったのです。つまり今回のネット上にデマを振りまいている人は、最近争議になった企業(=病院?)ではないかと思います。

 自民党が右翼政権化し、労組の弾圧が行われる時代には、大企業のユニオンの組合員は、敵の目に見えなくする、という委員長の判断は、敵の攻撃をさけるうえで必要なことだたと思ってます。なにしろ日本の民主主義はうわべだけですから。

 新世紀ユニオンには、氷山のように水面下の組合員もたくさんいるということです。これは労組活動すら許さない反動的時代には必要なことだったと私は思います。

 ユニオンを辞めたと思わせて非公然化する手法も活用すべきでしょう。郵便労働者も少しは賢くなったということです。

 全逓の50億闘争資金を食いつぶすような裏切りの労組にいつまでも騙されてたまるか。

!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

真っ正直に生きる


 どこから生まれてきたのか
 どこへ向かっているのか
 どのように生きるのがいいのか
 何のために生きているのか

 人間には基本的な四つの疑問があると思う。これらへの答えを求めて歩いているのが人間なのかもしれない。私はせめて正しく生きたいと願っているものの一人だ。

 生きていると、不条理な目に合うことが多々ある。

 今から約十年前のある日、上司が突然やってきた。手には一枚の紙きれをもって。その紙には、「〇〇は、非常にいじわるで、仕事もできないのに態度が横柄だ。そのためみんな迷惑をしている。〇〇ほど周囲にネガティブな雰囲気をまき散らしているものはいない。・・・」などという悪口が書かれていた。そう、この〇〇の部分には、ほかならぬ私の名前が入る。

 突然のことに最初、驚き、やがて笑えてきた。なぜなら、そこに書かれていることのどれ一つをとっても私には当てはまらないものばかりだったからである。

 しかし、しかし、である。この上司は、「このメールは、先日社長あてに匿名で送られてきたものだ。ついては、あなたに配置転換を命じる。」と言い放った。これが、その後、人生で初めて闘うこととなった不当解雇裁判闘争の始まりであった。

 私は、上の出来事から一月ほどして、組織のトップに面談を申込み、なぜ配置転換をされなければならないのか、なぜ私でなければならないのかを直接尋ねに行った。このことで、私は懲戒解雇を言い渡されることになった。「理由を聞かせてほしい」と言っただけなのに、これが上司への暴言に当たると裁判では主張された。

 これを読まれるあなたは、もし、このような目にあったときにどのようにされるだろうか。私は、信頼できる組合を探した。私を助けてくれて、裏切らない、私のために力を貸してくれる組合を。

 私の裁判は、私の主張がすべて認められるという勝利的和解で幕を閉じた。新世紀ユニオンとの付き合いは、それから十年来になる。私は、自分の裁判闘争が終わった後も、組合を辞めることを一度も考えたことがない。

 なぜなら、後から後から私と同じような不当な目に合わされて心も身体も傷ついた人たちが新世紀ユニオンのドアを叩くからだ。
今でも時々、解雇通知を受け取ってからしばらく、部屋から一歩も外に出られなくなった自分を思い出す。

 ユニオンの委員長は、私の悲しみ、つらさ、やりきれなさ、悔しさ、・・・それらを受け止めてくれた。裁判をやって良かったと思っている。自分の正義を貫いたからだ。そして、裁判を闘いぬけるように適格な支持や助言をおしみなく与えてくれた。それは変わらない、誰に対しても、今でも。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

新世紀ユニオン委員長の新年のごあいさつ!

 過ぎた一年は、コロナ感染症で揺れ動いた年でした。コロナは様々な人に経済的打撃を与え、多くの人に苦難を与えることになりました。

 新世紀ユニオンにはK病院と思われる「新世紀ユニオンをぶっ潰す」との脅迫状が送られてきた後で、ダイヤモンド電機のスラップ訴訟攻撃を受け、さらには「元会計係」と称する者のデマ宣伝での組合員への切り崩し攻撃があり、続いてネット上に「ニセ労働組合*新世紀ユニオン」との悪らつ極まるデマ宣伝が行われました。

 また多くの職場で、組合員への退職強要と思われる配置転換や処分、あるいは処分のための布石の動きが表面化しました。こうした新世紀ユニオンへの攻撃で、やめる人もいれば、組合費を前納して闘いの結集力を増す傾向も出ています。

 労働組合とは弱い立場の労働者が闘うための団結体であり、敵の攻撃は新世紀ユニオンの社会的信用を失わせることが狙いであり、そのためにデマを作り上げて労働者をだまし団結を破壊しようとしています。

 今の日本社会は、ネット上におけるデマにより自死に追い込まれる人も出ています。こうした無責任な攻撃は一面的、絶対的に受け止めると絶望し、自死に追い込まれるようになります。

 新世紀ユニオンへの攻撃は、新世紀ユニオンが反リストラ、反パワハラの闘い、雇用を守る闘いで成果を上げている反映であり、デマ宣伝は、反面では多くの人に、これほど敵に反対される組合のブログやホームページを是非見てみようとの気持ちを抱かせる点で、反作用としての宣伝効果を上げる側面もあります。

 つまり敵に反対されることは悪いことではなく、いいことなのです。(これは私の強がりではなく、客観的にそうなのです)

 つまり新世紀ユニオンへの数々の攻撃は、労働者を裏切らない、裏取引はしない、パワハラを許さない、原則的労組として新世紀ユニオンのゆるぎない活動の結果であり、追い詰められた敵の悪あがきといえるものであり、同時にそれは新世紀ユニオンの闘いが多くの労働者の共感を呼びつつある結果なのです。

 とはいえ新世紀ユニオンが直面する危機は、コロナの影響もあり極めて困難な財政と組織の両面での危機であり、まさに結成以来20年で最大の危機です。組合員の皆さん・サポート組合員の皆さんの支えと、協力、支援で、この困難を乗り切りたいと考えています。

 この新しい年を、ともに団結して困難を克服し、闘い抜きましょう。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析